大阪YMCAとは
トップ > 大阪YMCAとは > ご寄付・募金について
大阪YMCAとは

みなさまからいただいた寄付は、大阪YMCA支援金として、明日を担う地球の子どもたちが、健やかにそしていきいきと成長できるよう、青少年育成を目的とした活動に使われます。

 

皆様の寄付支援金

 

大阪YMCA支援金委員会により 管理運営されています。

 

■大阪YMCA支援金へのご寄付

ご寄付はこちらから

 

郵便局備え付けの振替用紙に、氏名、住所、電話番号を明記の上、下記の口座へお振込みください。 また、通信欄にご希望の支援金名 をお書きください。

 

<郵便振替口座> 00980-0-11933
<口座名> 公益財団法人大阪YMCA 代表理事 末岡祥弘

 

 

 

大阪YMCA基金には、国際奨学支援金青少年育成活動支援金国際協力活動支援金の3つの種類があります。

■国際奨学支援金 目標支援金額(年間):400万円

国際奨学支援金大阪YMCAの学校で学ぶ留学生への経済的支援を行います。

  • ミャンマーYMCA指導者養成 
  • 成績優秀留学生奨励金など

 

<ミャンマー子ども支援>

ミャンマーでは「子どものための教育支援および教育者の養成」事業を展開しています。それぞれ2人の指導者が5人の指導助手を養成しながら、貧困層の子どもたちに学ぶ機会を提供しています。小学生は識字、算数の授業、幼児は保育プログラムに参加しています。

■青少年育成活動支援金 目標支援金額(年間):300万円

青少年の健全な育成を支援する活動およびボランティア養成を行います。

・YMCAのプログラムに経済的な理由で参加できない青少年への援助 など

 

<子どもたちにプログラム参加の機会を>

子どもたちの個性を尊重し、仲間や自然との関わりを通して"生きる力"を育むことを願うYMCAプログラムに、すべての子どもたちが参加できる機会を広げます。また、それらの活動を支えるユースボランティアリーダーを育成しています。

■国際協力活動支援金 目標支援金額(年間):400万円

国際協力活動支援金大阪YMCAと海外YMCAとの人材の交流や育成、そして海外YMCAに対する協力事業を行います

  • 聴覚に障害を持つ青少年の国際交流 
  • ミャンマーワークキャンプ 
  • スリランカワークキャンプ など

 

<スリランカプロジェクト~紛争を超えて~>

内戦で傷ついたスリランカの子どもたち。大阪YMCAでは1993年より「Love and affection」キャンプを通じて、子どもたちが民族の違いを超え、互いを理解し、友好を築いていく過程を支援しています。またこのプロジェクトを通じ、グローバルな視野を持つボランティアが毎年育まれています。

寄付金控除

寄付金に係る税制優遇制度について

 

個人様からの公益財団法人大阪YMCAに対する寄付金につきましては、確定申告の際、①一般的により減税効果の高い「税額控除(新設)」と②従来からの特定公益増進法人に対して寄附した場合の「寄附金控除(所得控除)」とのいずれか一方を選択できます。

①「税額控除」を選択することによって、多くの場合所得税の還付金額が増えます。

 

  なお法人様からの寄付金につきましては、別枠の損金算入限度額が設けられています。  

 

 

<個人様の場合>

①「税額控除(新設)」

寄付金の額が2,000円を超える場合、所得控除との選択により、その超える金額の40%がその年分の所得税額から控除されます。

 

 ( 寄付金の額(注1) - 2,000円 )× 40 % = 税額控除額(注2)

 

 (注1)寄付金の額は総所得金額等の40%が限度となります。

 (注2)税額控除額は所得税額の25%が限度となります。   

 

 (ご参考例:年間 30,000 円をご寄付いただいた場合)

 => 税額控除選択により 11,200 円 が所得税額から控除されます。

 ( 30,000円 - 2,000円 ) × 40 % = 11,200円  

 ※年間 600 万円の給与所得者で所得税額 16 万円の場合を基に計算しています。

 (ほか計算例:ご寄付2万円 → 控除7,200円、ご寄付5万円 → 控除19,200円)

 

 

②「寄附金控除(所得控除)」

 「寄附金控除」は次の金額が所得控除として所得から控除されます。

 

 特定寄附金の額の合計額(総所得金額等の40%を限度) - 2,000円 = 寄附金控除額

 

<法人様の場合>

法人様からの寄付金は、「特定公益増進法人に対する寄附金」として、一般の寄附金の損金算入限度額とは別枠で以下の限度額が設けられています。  

 

損金算入限度額:(資本金等の額 ※ × 0.25 % + 寄付金支出前の所得金額 × 5 % ) × 1/2      

  ※資本金等の額:期末資本金等の額 × その事業年度の月数 / 12
  ※平成24年4月1日以後開始事業年度からは、上記0.25%が0.375%に、5%が6.25%に改正されました。

 

寄附金控除等の対象となるものについて(2011年4月1日以降納付のものに限る)

①「会費」:会費、賛助会費 ※ウエルネス事業の少年会費、ボランティアメンバー登録費は対象になりません。

②「寄付金」:クリスマス献金、国際協力活動支援金、国際奨学支援金、青少年育成活動支援金、ユースリーダー安全支援金、東日本大震災復興支援募金、 障がい者支援金(チャリティーラン支援金を含む)   

 

寄付金領収証発行について

大阪YMCA各事業所会員担当者に、お知らせください。

寄付金領収証と「税額控除に係る証明書」をお渡しします。  

 

確定申告の際、控除の対象となる寄付金は、前年1月1日から12月31日までのご支援分となります。


  • 控除を受けるための手続きとして、「確定申告」が必要です。
  • 当法人が発行する領収証等を添付して税務署に申告してください。
  • 確定申告の時期は毎年2月16日から3月15日までです。
  • 年末調整では寄附金控除を受けることができません。ご注意ください。

 

ご協力のお願い
会員になる(個人)
会員になる(企業団体)
ご寄贈
ご寄付・募金

 

ワイズメンズクラブ

プライバシーポリシー

 

ご寄付はこちらから

↑ページの先頭に戻る
copy 日本YMCA同盟 ワイズメンズ プライバシーポリシー 大阪青年