YMCA

キャンプ指導者養成

TOP | アウトドア・研修施設 | 六甲山YMCA | キャンプ指導者養成

 キャンプ指導者養成の六甲山YMCA

   (公社)日本キャンプ協会公認課程認定団体(インストラクター、ディレクター2級)

2021年度講習会情報

講習会: キャンプディレクター2級養成講習会
会 場: 六甲山YMCA  日 程:2022年2月11日(祝),12日(土),13日(祝)
定 員:20名(最少催行10名)
※12月22日(水)にお申込みを 締め切りました。
※2022年度の開催日程は改めてお知らせいたします。

参加費:20,000円 
お申込み:こちらから  ※メール添付、FAX、郵送でのお申込みになります
※画像よりチラシをダウンロードできます

講習会: キャンプインストラクター養成講習会
会 場: 六甲山YMCA  日 程:2021年9月18日(土)~20日(月・祝)
定 員:20名(最少催行10名)
※申込を締め切りました。

※2022年度の開催日程は改めてお知らせいたします。
参加費:18,000円 
お申込み:こちらから
※画像よりチラシをダウンロードできます
※受講をお考えの方は、 キャンプインストラクター養成講習会の実際をご覧ください。

 


課程認定団体 六甲山YMCA
六甲山YMCAは、日本キャンプ協会公認のキャンプインストラクター養成、キャンプディレクター2級養成を実施できる課程認定団体です。
 

 
公社)日本キャンプ協会公認 キャンプ指導者(資格取得)養成講習会
キャンプは自然の中で誰もが楽しめ、多くの体験や学びのある活動です。楽しく安全に充実した活動を行うためには、キャンプの知識や技術を持った良質な指導者の存在が欠かせません。日本キャンプ協会では、キャンプをより多くの人に楽しんでもらえるよう、指導者の養成に取り組んでいます。
日本キャンプ協会の認定する指導者の資格には、以下の3つがあります。
・キャンプインストラクター
・キャンプディレクター2級
・キャンプディレクター1級

詳しくは、日本キャンプ協会ホームページをご覧ください。 
 
YMCAとキャンプ

キャンプが青少年の教育に有効であるということが、大きなムーブメントになって北米に拡がったきっかけは、1885年にニュージャージYMCAが実施したキャンプと言われています。日本では1920年に大阪YMCAが六甲山麓南郷山で実施したキャンプが、最初の教育的組織キャンプと言われています。YMCAはキャンプを教育活動として実施してきたパイオニアであり、キャンプを通じて様々な社会的課題に取り組んできた団体です。また、体験学習やグループワーク、リーダシップトレーニングを通じて、多くの指導者を養成してきました。 
  
六甲山YMCAが実施する養成講習会の特徴(キャンプインストラクター)
指導・環境・安全の基礎、スタンダードを体系的に学べるオリジナルカリキュラム(キャンプ協会規定講習内容準拠)
国際的スタンダードプログラムによる裏付け
教育・福祉・観光業に従事している方やそれらを目指している方にマッチした講師のキャリア、有資格
 

六甲山YMCAは、日本の教育キャンプ発祥の地「六甲」というシンボリックな場所として、開設以来研修センターとして多くの研修事業やキャンプを実施してきました。キャンプはYMCAの宝であり、人を育み、社会課題を解決するツールとして、その指導や運営にYMCAキャンプスタンダードを定め、ノウハウを蓄積してきました。現在の六甲山YMCAは、国際的な野外教育指導者養成や環境倫理指導者養成を行う団体会員や都市救急法のトレーニングセンターとして、組織キャンプ・野外教育指導者に求められる、指導法、環境倫理、安全について、国際的スタンダードの視点を持って総合的に学ぶことができる場所です。本講習会では、これらの指導者資格とキャンプ経験方法なスタッフが講師を務め、キャンプインストラクター養成カリキュラムに準拠しながら、YMCAキャンプのノウハウや国際的なスタンダードについても学ぶことができます。

キャンプインストラクター養成講習会の実際(受講後アンケートより)

様々な方が受講する六甲山YMCAのキャンプインストラクター養成講習会

キャンプボランティア、キャンプ指導者志望者、ソロキャンパー、キャンプ事業運営会社スタッフ、キャンプ場スタッフ、大学教員など

 


■受講動機
・キャンプスキルを堪能し、同じ趣味を持っている人々と交流したかったから。
・知識を身につけたかったから。
・キャンプをテーマとしたcafeの夢に向けて。その他活躍の場を増やすため。
・趣味の登山にキャンプもプラスしたいと思い、まずは基礎とルールを学んでおきたいと思ったから。
・資格とキャンプや子育てのスキルアップ、それと楽しそうだったから。
・キャンプ好きな人との繋がりと自身の新しい可能性発見のため。
・ボランティア活動等に参加する際にも役に立つと思ったので。
・我流でやってきたキャンプ技術の向上を図りたかったから。
・将来キャンプの事業をやりたいため。
・キャンプ場の指定管理の応募に必要なため。
・会社の指示により受講させて頂きました。
・仕事の関係で受講をしました。
・アウトドア要素の強い宿を開業予定なので、安全管理について学びたかったから。
・資格取得のため。
・学生の時に、熊本震災復興ボランティアとして熊本YMCA阿蘇キャンプ場で2ヶ月、瓦礫撤去や子どもの心のケアを目的としたキャンプをしました。その時に小学生の男の子からもらった手紙を久しぶりに見返して「自分のやりたいことはこれだ」と気づけたから参加しました。
・運営する法人でキャンプ事業立ち上げを検討しているため。
・自分の趣味で何かしらの成果を残したかったから。
・キャンプ場で働きたいからです。

多様な受講者のニーズに応える六甲山YMCAのキャンプインストラクター養成講習会

講習会で学びたかったことが学べた割合  平均84.9% (Max 150%, Min 80%)

 


■講習会で最もためになったことは何ですか。
・キャンプを通して学べることです。
・リーブノートレースの心得。
・対人関係の構築やその場限りにならない指導のしかたや指導する立場での考えの持った生き方。
・講習前は、キャンプは単に楽しむものとしか捉えたことが無かったが、組織キャンプというものが子供や大人の教育の一環にもなる、という事を知れたこと。
・キャンプでの人の役割、はみ出る人の出ないようなキャンプでの人間関係の作り方、モラルです。
・初めての人とのコミュニケーションについて。
・講師の人間性に大変刺激を受けました。『プロフェッショナルたる前に人間たれ』をナチュラルに体現されており、キャンパー以前に先ず人として正しくありたいと感じさせられました。
・レジャーとしてではなく教育としてのキャンプで、インストラクターとしての関わり方/考え方の講義。
・キャンプの学び。
・人に伝える為の方法と効果がよく理解できました。
・共同生活、共同作業で、一人ひとりの意見や考えを交換する事の大切さを再認識しました。
・①危険予知と危険回避 ②リーブ・ノー・トレース。
・Challenge by Choiceの考え方、リスクマネジメントについて。
・キャンプが人格形成や社会で必要とされる力を獲得するために、有効な手段であるということを知ることができたことです。エビデンスをもって分かりやすく講義していただけたことで、経験から来る予想が、確信に変わりました。
・キャンプをする上での知識はもちろんですが、指導する立場としての在り方を学びました。単に教えるのではなく、相手が思っていることや考えていることをアウトプットできるようなサポートをする必要があるのだと気づきました。
・体験型学習モデルを学べたことが非常に有意義でした。講習会自体もそれを意識して組み立てられており、より立体的な学びになりました。
・危険予知などの予測など。
・仲間と協力して目標に向かい活動すること。

講習会後に活かせる学びがたくさん得られる六甲山YMCAのキャンプインストラクター養成講習会

講習会の満足度  平均647% (Max 10,000%, Min 90%)

 


■学びや気づきを、どこでどのように活かせる/活かそうと思いますか。
・これから人間関係を作る時自分の気持ちをよく理解できると思います。
・普段の生活、仕事。
・身近な人からはじめ、多くの方に自然への関わり方また、キャンプマナーの向上など、自分の訪れるキャンプ場やイベント、また、cafeの完成時にはたくさんの人と良き対話が出来るよう、関わった方に何か新しい心が生まれるよう常に必要とされる存在となり、自分を磨いて行く。学んでもらうコトのある指導者になる。
・考え方や価値観の違う相手がいる場面で、相手を批判せず、受け入れられるようになること。
・自分発信でキャンプ始めた友達がいたり仲間とのキャンプとこれからキャンプを始める人達にに大切な事をなんとなく伝えれたらと思います。1歳の娘の教育にも活かせたらと思います。
・ごく身近な普段の生活。
・普段のキャンプだけでなく、ビジネスの場だったり、教育の場だったり、様々なシーンで今回教えて頂けた自然環境保護の目線や対人関係のノウハウなど活かしたいと思います。
・自分個人でのキャンプだけでなく、組織として人を見ていくときにも活かしていきたい。
・活かそうと思います。
・キャンプだけでなく、色々な場面で活かされると思います。
・仕事での人間関係のトラブルで活かせると思います。
・①仕事上での施設の管理運営 ②プライベートでのキャンプ。
・社内のチームビルディングや、運営施設のリスクマネジメントに活かす予定です。
・保育者・教育者を目指す学生に対する学修プログラムの開発を目指したいと思います。また、それに関わらず、これからの予測不能な社会に羽ばたく学生が、そこで生き抜くための課題解決力を身につけるための、教養講座としても活用できるのではないかと考えています。
・キャンプやアウトドアをするときにいかせるだけでなく、日々の生活の中でいかせることがたくさんあります。相手に対して思いやりをもってコミュニケーションを心がけたいと思えました。
・法人でのキャンプ事業立ち上げにはもちろんですが、すでにある事業においてもスタッフや利用者さんとの関わり方を見直すきっかけになりました。チームビルディングや、子どもたちの人間関係構築力に目を向けたときに、キャンプそのものはもちろん、キャンプにおける関わり方が活かせると考えています。
・前述したように危険予知や危険回避などはソロキャンプのみならず日常生活でも役立つことと思います。
・キャンプ場で子どもたちに色々教えてあげたい。

自分の知りたいことややりたいことがみつかり、仲間とつながる、自分が成長していく甲山YMCAのキャンプインストラクター養成講習会

受講者のみなさんの感想

 


■受講しての感想を教えてください。
・キャンピングはただテントを張り、焚き火を焚くではなく、自己認識と他人との協働する能力を身につける活動です。
・とても楽しい時間をありがとうございました。これからも学び続けたいと思います。
・心に残りました。違う形でも、またの参加を希望します。
・講義も実技も最後まで楽しく学ぶ事ができ、あっという間の3日間でした。講師のアメリカでの体験など+αのお話もとても興味深く面白かったです。
・講師の講義や野外でのモラルや考え方、とても好感が持てました。とても楽しかったです。ありがとうございました。
・アウトドアと言う非日常の中でリスクとも向き合いながら楽しむ方法や、指導方法を学べたと思います。
・受講内容も勿論どれも素晴らしく、そしてそれ以上に素晴らしい仲間と出逢えて繋がれたことに感謝感激しております。
・たまたま日程と場所的にいけそうなところで申込んだものであったが、本当に多くのものを学べ、さらにブラッシュアップしていきたいという気持ちになれました。
・色々と勉強になりました。
・キャンプの事だけでなく、子供や大人にどのように伝えるかで、理解力が大きく異なる事を学びました。そして講師が本当に丁寧に伝えてくれた事は本当に良かったです。六甲YMCAで受講できて良かったです。ありがとうございます。
・3日間、普段の生活では体験できない楽しい時間でした。ありがとうございました。
・多くの事柄に対して、丁寧に講義していただき感謝の一言につきます。
・とても楽しかった。ポイントを絞って効率よく教えていただいたと思うし、仲間作りもできて、本当に参加して良かったです。
・正直、キャンプに行って簡単に取れる資格なのではないかと、甘く見ていました。少しでもしっかりとした理論を学べそうなところ且つ自分の趣味(登山)に合致しているということで、六甲山YMCAを選択しましたが、これは大正解でした。予想以上の学びと充実感を得られました。また、人との出会いにも感謝しています。講師の方を教員として、アスリートとして、人格者として本当に尊敬しました。スタッフの方、参加者の方、皆に向上心があり刺激を受けました。受講して本当に良かったと思っています。
・出身地、年代、職業等が全く違う人が集まって、みなさんのたくさんの参加することに対しての想いを知ることができて、あっという間の3日間でした。今回の参加をきっかけに新しくやりたいことを見つけることができ、改めて、みなさんとの出会いに感謝しています。
・ただ資格取得のための講座ではなく、キャンパーの意識向上やエンパワメントの場として有意義なものとなる様に設計、運営してくださっていることが非常にありがたかったです。
・ソロキャンプ以外での視点や考えを学ぶことができました。
・座学だけなくアクティビティがあったので退屈することなく、3日間楽しく過ごせました。ありがとうございました。

安心して六甲山YMCAのキャンプインストラクター養成講習会にお申し込みください

受講者からの推薦メッセージ

 


■これからキャンプインストラクター養成講習会を受講しようとしている方へ、推薦するメッセージをお願いします。
・今までソロキャンプしかやってない方に非常におすすめです。キャンプ活動の意味を改めて認識しましょう!
・キャンプの時に知っていると便利な知識から、地球に優しい知識まで、たくさん学ぶことができます!さらに知識だけでなく、思い出もたくさんできるのでぜひ参加してください!
・今できないコトを出来るようにするはじまりの一歩。出来たコトをたくさんの人と共有して行きましょう。
・参加する目的は様々かと思いますが、やはり興味のあるフィールドが一緒だと、皆さんと直ぐに仲良くなれます。講師の方は勿論のこと、是非多くの人と会話をしてみてください。講習内容以上に得られるものが沢山あります。
・インストラクターの資格に関わらず良い経験が出来ました。楽しみながら考え方や行動、自分自身の向上になると思います。また家族への思いやお子様の教育にも良いと思います。
・様々な思いで受講される方がおられます。「私なんか参加して良いのかな?」と思わず、やってみたいのであれば、一歩踏み出してみて下さい。
・得られるものはキャンパー知識だけでなく、それらの何倍も何倍も、今後の自身の人生や人間性が豊かになるヒントが随所に散りばめられている、そんな有意義な学びの場でした。
・普段、レジャーファミリーキャンプをメインにしているだけでしたが、当講習ではキャンプ技術だけでなく多くのものを学べます。そして何より、色々な知識を持った多くの仲間に出会えます。貴著な経験になると思うので、ぜひ一歩踏み出して見てください。
・頑張ってください。
・ただ、楽しい事だけでなく必要な知識や心構えをしっかりと学べる講習会でした。一緒に学んだ仲間もできて、みんなで色々な目的や情報交換もできました。近いうちに同期の仲間でキャンプに行く事にもなっています。是非、受講してください。
・キャンプを通して協働作業、共同生活の楽しさを体験できます。
・六甲山YMCAでの講義は、受講生の立場にたった丁寧で解りやすい講義です。スタッフの皆さんもフレンドリードてとっても親切です。
・大きな意味でのライフスキルを習得できる機会だと思います。趣味や仕事だけでなく、生活のあらゆる場面に使える考え方や知識をキャンプを通じて学ぶ稀有な機会です。
・キャンプインストラクターは、キャンプを教えるだけの資格ではありません。キャンプを通した、人間教育や課題解決力などを教える指導者となる資格です。キャンプだけでなく、ビジネスやキャリア教養としても役立てることができるお勧めの資格です。そして、それらを本気で学びたいのなら、六甲山YMCAの講師の講義をお勧めします。
・キャンプやアウトドアが好きではない人も、人として成長できる機会だと思うので、不安はあるかもしれませんが、ほんの1歩を踏み出すことで世界が大きく広がります。
・キャンプをより深く知りたいと思っている方が、何をどう学んでいけばいいのか、様々な学びの方向につながる最初の入り口を沢山明確に見せてくださる講座です!
・ビジネスを考えている人もいれば仕事で受ける人もいるけれど、自分が好きで受けたなら気にせず堂々としていれば楽しくやれる。
・すごく楽しく、自分自身のステップアップや成長に繋がると思いますので、ぜひ受講してみて下さい。


六甲山YMCAが実施する養成講習会の特徴(キャンプディレクター2級)
プログラムの企画・運営・指導・評価を体系的に学ぶ
体験学習サイクル、SPECモデル、GRABBSS、ティーチング、リーダー育成システム等、エビデンスを基にした実践・相互評価を活かしいた講習
 

  
自然・人・体験
キャンププログラムを魅力的なものにする大きな要素は、自然環境であり、共に活動する人との交わりです。自然をどのように活かし、人との交わりを作るか。単に目的を設定したり、活動ありきではなく、何のために、どのように展開・指導し客観的に評価できるかが重要です。そのためには、戦略的な方法を身につけておくが必要となります。本講習では、プログラムの企画運営指導評価を学ぶにあたり、体験学習サイクルやマズロー欲求段階、ジョハリの窓やGRABBSS、リーダーシップ理論、SMARTゴール、SPECモデル、LODシステムなどの理論や指導技術に結び付くティーチング、育成方法を講義と実践を通じて楽しく学びます。講習後、企画運営指導を積み重ねることで、これらの学びと実践が指導者としての武器となります。
 
六甲山YMCAは国際的な野外教育に関する指導者養成団体等の会員として、指導者に必要不可欠な指導法、環境倫理、救急法の講習会を開催しています。本講習会の講師は、これらの講習会が開催できる有資格指導者であり、インターナショナルスタンダードのエッセンスを導入し、ディレクター2級養成カリキュラム内容を深める学びやノウハウを提供することができます。また、ディレクター1級講習会コースディレクターや多くのディレクター2級養成講習会開催経験があり、ディレクター1級養成講習会につながる講習となります。講習会を通じて深まる指導者ネットワークを大切にし、関連講習会の紹介、指導者力の向上、民間団体での指導や運営、ディレクター1級講習会受講へのアドバイスも継続して行います。六甲山YMCA研修プログラム等で指導者として関わることも可能です(条件等があります)。
 
講習内容を深める、国際的団体とのつながり
【野外教育指導者養成、アウトドアリーダーシップ】
・Wilderness Education Association Japan団体会員
【環境倫理】
・Leave No Trace Japan団体メンバー
【安全、都市・野外救急法】
・Wilderness Medicine Training Center野外救急法コース開催団体
・MFA JAPAN公認MEDIC First Aid®トレーニングセンター

 
 
 
 
 
その他講習会情報はこちらをご覧ください。

六甲山YMCAへのお問い合わせ

施設案内

施設案内

アクセス・周辺案内

アクセス・周辺案内

お電話でのお問合せ

078-891-0050

サイトからのお問合せ

六甲山YMCA
〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲875
TEL:078-891-0050
FAX:078-891-0054
新しくなったYMCAのブランドロゴについて
Yボランティア登録
採用情報
キャンプ100年
公式フェイスブック一覧
チャリティーラン
YMCA大阪青年