イベント情報
トップ > 過去のイベント > 三菱商事YMCAフレンド・シップキャンプ - 六甲山親子キャンプを終えて

今後のイベント

 

東日本大震災で被災された親子のための招待キャンプ

三菱商事YMCAフレンド・シップキャンプ ―六甲山親子キャンプを終えて

 

六甲山親子キャンプ「寂しくて。ここ(胸)が痛くて」とキャンプが終わった翌日、一人のリーダーがYMCAにやってきました。私自身も1週間たった今もキャンプの魔法にかかったままです。親から離れられなかった子どもがリーダーに甘え、最終日には子ども同士の関係が築かれた、人と人を繋ぐ見えない糸が何重にも繋がっていることに感銘を受けたキャンプでした。「君ら仲いいなあ」「うん、2日前の9時から」そんな会話が交わされるそれはそれは暖かい優しい空気が流れた3日間でした。

 

抑えきれない思い

 甚大な被害をもたらした東日本大震災。日本中の誰もが心を傷め、何かできることを模索した出来事でした。その中で、非日常が苦手な発達障害の子ども達が、フラッシュバックを起こしたり、パニックで避難所でも疎まれるということを聴き、つきあがってくる思いを抑えられず、キャンプの企画書を書いたのは4月のことです。幸いにもこれが通り、たくさんの意見をいただきながら、また三菱商事㈱様からも大きな支援金を頂戴することができこのキャンプが実現しました。

 

六甲での親子キャンプ

六甲山親子キャンプ六甲山YMCA(兵庫県)で8/15-17、発達障害の子ども達と家族を招待した六甲山親子キャンプは、仙台YMCAに関係する10家族29名と仙台Y関係者2名計31名が参加しました。

 親子でのキャンプは私達にとって初めてで不安もありましたが、リーダー打ち合わせの段階からグリーフ・ワーク担当の倉石哲也先生(武庫川大学)がアドバイザーとして助言を下さり、準備をすすめてきました。 キャンプでは子どももですが、親にも是非ゆっくりしてもらいたいと夜には親だけの時間を持ったことは非常に有効でした。 日ごろ、他の保護者と交流する時間がない親たちには震災時の誰にもいえなかったことを話し、これからの特別支援の情報交換をし、最終的には希望に繋がる時間をもてたことは大きな成果となりました。

 

みなさんの声

 5歳から中学生の子ども達が興味・関心を持てるようなポイントハイクや野外料理など簡単で楽しい活動にしたことで子ども達は積極的に楽しく参加していました。通常は「遅い」「うまくできないから」といことで、させてもらえなかったようなことに友達やリーダーに背中を押してもらってできたことには全ての人が感激していました。

「障害児を産み、育て、つらく苦しいことが多いのですが、××を産むことがかければ決して出会うことのなかったYMCAスタッフ、参加親子と語り合うことができて幸せでした」

六甲山親子キャンプ「親はいつになってもかかえていることがあるもので、きょうだい、親子一緒にこういう場に参加させていただいたことで、こんなにリフレッシュできたことにびっくりしています」

「リーダーの皆さんは本当に前向きな言葉で子どもに接してくださり、親として学ぶことがとても良かったです。」

「被災地での生活は津波の被害のほか、放射能汚染のニュースなど知らず知らず暗くなっていたように感じます。新聞もTVもないまったく違う別世界で心も身体ものびのびさせていただきました。同じ悩みをもつ親同志でしっくり話すこともでき、貴重な機会をいただきました。子どももいつもと違う表情を見せてくれ、普段ならしないことを積極的に行ってくれたことに大変驚きました」と多くの感謝の言葉を寄せていただきました。

 

愛着と絆のキャンプ

六甲山親子キャンプ倉石先生より次のような言葉をいただきました。

『今回のキャンプは「愛着と絆のキャンプ」だったと思っています。リーダーに支えられながら、初めての土地で全てのプログラムに取り組めたこと。これはリーダーとの人間関係の深まりから生まれたものです。そして、リーダーとプログラムに挑戦できたのは、いつも親が傍にいて、不安があれば親のところに戻ることができるという安定した愛着関係が根底にあったからだと思います。 もちろんリーダーシップが素晴らしかったからこそ、安心して保護者の方々は子どもたちの様子を見守ることができたのです。』  

 

 「いつも声かけを丁寧に」、「子どもの長所を認め」、「怒らず・叱らず」、「大声を出さず」、「指示は丁寧に簡潔に」等、いつも私たちが自然におこなっていることでリーダーと参加者がしなやかな人間関係を創り上げることができました。このキャンプの楽しい思い出が被災地でのこれからの生活の力になる一助となることを祈ります。

 

最後に、この感動多きキャンプが開催できたことは三菱商事㈱様の多大なる支援のおかげだと心から感謝申し上げます。社員ボランティアの方にご参加いただいたことも重ねて感謝いたします。  

新聞に掲載されました

新聞

 

WEB版 http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/110828/20110828024.html

 

フッター